勤務医師と開業医の年収差

年収だけでみると開業医が大きく上回りますが、実は必要経費や拘束時間を考えると一概に差をつけることは難しいです。

勤務医師と開業医の違い(1)

最近は勤務医と開業医の年収格差が話題になることが多いため、医療に関係の無い人でも医師の年収について興味を持っている人は多いかもしれません。 財政制度等審議会では以前から保険点数の改正について議論がされてきましたが、勤務医と開業医の年収格差によって、開業医を目指す医師の数が増えており、勤務医の待遇を是正するために、開業医の報酬を引き下げて病院勤務医に多く医療費を配分する方針を決めました。 開業医の保険点数が引き下げられて、大病院の保険点数を上げることで年収格差を是正しようとしているのです。 政府発表では、開業医の平均年収が約2400万円で、勤務医の平均年収は約1400円となっています。 この数値がどれほどの確度を持っているのかは別にして、全体としては、開業医の方が年収が高いのは事実なようです。 勤務医と開業医の違いは多いですが、まずこの年収の差がよく注目される点です。 近年、日本の病院全体で医師不足の状態が続いています。患者の数に対して医師の数が足りていないため、一人一人の医師にかかる負担が非常に重くなっているのです。 過酷な労働条件で働き続けている医師も多く、長時間の時間外勤務をはじめとして当直勤務を週に何度も担当する場合もあります。 まともに休日を取ることも難しく、例え休日であってもオンコールがあれば24時間いつでも病院にかけつけなければならないのが勤務医の実情なのです。 勤務医の平均年収1400万円は一般的なサラリーマンの平均年収と比較すれば高いかもしれませんが、医師としての労働の対価としては不十分と考える医師は多いです。 その点、開業医は医師としての労働時間は勤務医よりも確実に短いですし、複数人の医師を雇っている場合は患者対応をする負担も軽いです。 それで勤務医よりも高い年収になるのであれば、多くの医師が開業医を目指すというのもうなずけます。 ですが、開業医は医師でありながら、同時に経営者でもあることを忘れてはいけません。 勤務医にはない経営者としての業務は多々ありますし、労務管理や医療行為に必要な機材の管理や開業資金の返済なども必要になります。 こうした医療行為以外の業務が、収入面以外の開業医と勤務医との大きな違いになります。 また、開業医の場合は常に訴訟リスクをかかえることになりますから、その対策としての費用を準備しなければならない違いもあります。 年収面の差だけで単純に開業医と勤務医のどちらが良いかは決められないのがよく分かると思います。

勤務医師と開業医の違い(2)

勤務医と開業医の違いとしてまず思い浮かぶのは年収の差でしょう。 ある発表では勤務医の平均年収が約1400万円なのに対して、開業医の平均年収は約2500万円と差が大きく、場合によっては2000万円以上の年収差になるケースも珍しくないとされています。 ですが、勤務医と開業医には年収以外にももちろん違いはあります。 その違いを見ていくと、単純に平均年収だけで勤務医と開業医のどちらが"得"かを判断することはできないことが分かってきます。 勤務医と開業医の違いについていくつか例を挙げていきます。 ・拘束時間 これは勤務医の方が圧倒的に上です。 今はどの病院でも医師不足の状態ですから、勤務医一人にかかる負担が非常に大きくなっています。 診療科によって勤務時間は異なりますが、長時間の時間外労働は避けられない状態になっています。 オンコールで24時間の呼び出しがかかることを考えると、ある意味で拘束時間は24時間ということになります。 開業医の場合は自分の医院の営業時間が医師としての拘束時間になります。朝9時~夕方6時くらいが平均的でしょうか。 もちろん経営者としての業務が多いので単純に営業時間=拘束時間ではないですが、絶対的な拘束時間では開業医の方が遙かに短いでしょう。 ・業務内容 勤務医はサラリーマンですが、開業医は経営者です。 サラリーマンと社長の違いですから、当然業務内容にも違いが出ます。 勤務医の場合は基本的に医療に関することだけをやっていれば良いですが、開業医は経営面の業務が多くなるので、医療行為に加えて労務管理や資金管理、訴訟リスクの対策や経営を継続するための人材確保など多岐に渡る業務があります。 こうした業務内容の違いが、勤務医と開業医の最も大きな違いになります。 ・必要経費 勤務医であれば学会参加や論文執筆も病院のお金でできますが、開業医はすべて自分のお金でやらなければなりませんし、そもそも学会に参加する場合は医院を休業するわけですから、学会参加=収入の減少に直接繋がります。 新しい医療知識を身につけるための図書費についても、必要経費ではありますが、開業医は自分のお金で工面しなければなりません。 また、医療行為に必要な高額な機材は開業医であればすべて自分で負担になります。 億を超える開業資金を用意するための事業計画の準備や、返済しながら経営を安定化していくことをすべて自分の責任で行わなければならないのが開業医なのです。

医師の年収に関する体験談